» ハーブによる染色

ハーブによる染色

ハーブは香りなどの健康に関しての働きだけではなく、昔から染物の為の染料として使われてきたという役目があります。
学名にチンクトリア(tinctoria)とついているものがあるのですが、それらは伝統的な染料植物です。

代表的なものにダイヤーズカミツレ、ホソバタイセイアルカネット、などがあります。染料として利用できるハーブは花、葉、根など目に見える色の素の成分、フェノール性の成分を豊富に含んでいるタンニン、フラボンなどが含まれているものです。金属のイオンと結合して、これらの成分は様々な色に変化します。この媒体である金属を含んだのもを媒染剤といい、作り方は金属が豊富に含まれている草木を燃やしてできた灰を媒染剤として作ります。植物によって金属の種類と量が違うので発色が少しづつ異なります。金属を含んだ泥を使ったり、鉄や銅などを酸で溶かすこともあります。そのときできた上澄み溶液を使用してつくることもできます。