» 消化お助けハーブ

消化お助けハーブ

ハーブの種類には甘味のほか苦味、辛味など強い香りを持つ種類が多く、その香りには消化液や唾液やの分泌を促す作用があるとわかっています。
食事などの際、肉や魚などと一緒にハーブが出てくることがありますが、食物の消化を助けてくれる働きがあります。

特に、ウイキョウ、カミツレ、レモングラス、ディル、アニス、クミン、タイム、セイヨウノコギリソウ、ペパーミント、ニンニク、タラゴン、ワサビダイコン、セイヨウタンポポ、ニガハッカ、ヨモギ、セージなどは食欲を増進させてくれるので、調味料としてよく使われます。

さらに食物から腸内に発生したガスの排出を出させるための駆風剤としての作用や、抗菌作用もあるので、食中毒を防ぐことも出来ます。昔から、ハーブやスパイスは料理の際に不可欠なのはこのためです。

【人気リンク】
帰国子女のご相談は留学館へ
ロスミンローヤルの効果や口コミなどを集めたサイト。